2007年02月23日

子供を乗せた自転車

昨晩帰宅時に某駅の改札を出てコンビニでビールでも買うかなと考えていたときに、自転車が倒れる音と共に子供がはしゃぐ声が聞こえてきた。
音がした方を見てみると、チャイルドシートを付けた自転車が倒れているではないか。しかも子供は前部に乗ったまま。
無視して歩いていくサラリーマンやOLの中駆けつけたのは俺とおばあさんのみ。
おばあさんが子供を抱き上げようと思ったら、お母さんの一言
「子供を縛り付けてあるんです」
走っている最中に子供がチャイルドシートから投げ出されないように子供をシートに固定してあるとのこと。
幸いなことにかすり傷すらなく、頭打った様子も無かったので安心して場を離れたが・・・ .

 
もうね、おかしいよ日本w

先ず明らかに子供が乗った自転車が倒れたのに無視して歩いていくサラリーマンやOL。
俺より自転車に近いところに居るのに何故無視して歩いていく?なんかねぇどこの地方から出てきたのか知らんけど、東京だって隣近所と言うかそう言うお付き合いあるんだよ?
なんかねぇ、おらが町から出て行けって感じだ。後述の通りお母さんの過失にせよ、子供位助けてやれよ都会人ぶったカスども。

後、お母さん。あんた馬鹿。
ママチャリのハンドルの上に付ける型のチャイルドシートを使いながら、ハンドルに荷物掛けて、やや傾斜している車道に止めてただろ。倒れて当然。
個人的にママチャリにチャイルドシート付けること自体大反対なのだけど、更に不安定にしてどうする。いずれ子供に大怪我させるぞ。縛っているのはケースバイケースかな。今回はいい結果が出たけど、下に何かあったら逃げようがないからね。まあ対象の年齢にも因るのかもしれないが。
しかし、ヘルメットかぶせておけ馬鹿。

それにしてもチャイルドシートに何を期待しているのだろう。まぁこんな場末のブログにママさんが来るとも思えないがはっきり言っておく。

自転車ってのは極めて安定性に欠ける乗り物。ママチャリがスポーツサイクルに比べて倍位重いと言っても、所詮20キロ以下。バイクと違って人間を重心に据える乗り物。
エンジンも無く極めて構造的に重心が高いが故に、スタンドと言うのは人が乗っていない状態でも「おまけ」なんだよ。しかもハンドルも切れやすく軽い。ロードサイクルでハンドルに荷物ぶら下げて走ってみろってんだ。死ねるぞw

自転車みたく馬鹿みたいに重心の上にある不安定な乗り物に更にハンドルの上にチャイルドシートと子供だ。
どんな馬鹿が考えても通常自転車に付いているスタンドが更に役に立たないことがわかるだろ?
子供とはいえ自転車と同じだけの重さがハンドルの上に位置するんだから。重心上がりまくりでしょ。
判らない人は、試しに腕相撲で試せばいい。
普通に手を握られて腕相撲したときと、相手に手首を握らせて腕相撲したときにどう違いを感じるか。
圧倒的に後者が楽。下手すれば女の人が男に勝てる。そのくらい力点の違いは重要だ。

まぁ説明は面倒だから止めるけど、子供を自転車に乗せるなら「絶対に左右のハンドルから手を離すな」。面倒とかそう言う問題じゃない。荷物あるなら子供とどっちが大切か選べ。絶対に離すな。女の人の腕力だとちょっと傾いた子供が乗った自転車は支えきれないんだから無責任でしょ?

危機管理が出来ない人は正直自転車に乗るべきじゃないと思うんだ。自分だけならown your riskだけど、子供巻き込むんだからさ、少しは考えようよ。

前2ちゃんねるで、子供送り迎えと買い物したら仕方が無いじゃない!って逆切れしてる人居たけどさ。
大変なのは重々承知だが結果のために手段を正当化しちゃいかんよ。
いざって時に100%責任取れないことはするもんじゃないよ。
まぁ気をつけて。


後、チャイルドシートは前後二つ付くけどね・・・・


二人子供を乗せるのは道路交通法違反。即刻止めろ。3人子供を乗せてる人見たけど、あれ一家心中だろ。性質が悪いから止めてくれ。
後二人乗りは、片方が6歳以下の児童に限った場合のみ許可されてる。他は一切禁止。
率先してルール無視を子供に見せて何が大人だよ。結果のために方法を正当化するなんざ、ガキがやるこった。
posted by 秋水◆rSYUUSuiAQ at 12:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ロードサイクルを極める
Excerpt: シンプル。これが全てだと思います。レーシングジャージを着てガンガンペダルを回して峠TTとかじゃなくて、背中にメッセンジャーバッグでも背負って、ちょっと長い距離走っていつもと違う場所へ、そんな感じの自転..
Weblog: 自転車のレビュー
Tracked: 2007-08-04 09:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。