2007年07月28日

BE-2350で組んでみた

さて、適当にPCを一台組んで見ますた。

CPU:AMD Athlon64x2 BE-2350(2.1GHz 45W)
M/B:Asus M2A-VM-HDMI
MEM:DDR2-667 2G
HDD:HGST 320G SATA2
POW:Windy VariusV420W(メインのお下がり)
OPT:Buffalo DVDROM-CDRW(流用)
Case:SilverStone SG03S
VGA:とりあえず内蔵

メインに620W電源入れるついでに、作ってしまったPCと言えるかも知れないw
まぁ、実際今までサブに使っていた、Pentium4-2.4Bがマザーボードが吹っ飛んで再起不能になったからってのが表向きの理由ではありますがw
それだけなら、ソケット478のマザーボードを買ってくれば復旧したんですけど、Shuttleのベアボーン使っていたんで・・・
FlexATXだかの変なサイズのマザーボードなんか売ってませんw
それで今回は、安く上げようとShuttleSS21TってAM2用の超安価ベアボーンを使おうと思ってたんですが、マザーボードが壊れても大体パーツが無いということで、ケースからそろえることにしたんです。
ついでにメインPCの拡張を目論みました。

メインのPCは電気食っても金が掛かろうがある程度は許容(実際してないw)しましたが、セカンドPCは電力消費を抑え、速度は犠牲にせず、安く上げることを命題としてみました。

パーツを3ヶ月くらい掛けて収集しています。追いかけてみると。

(1)I-OデータでDDR2-667-1Gのメモリを3800円で発見。リユースだけど個人的に気にしない。って事でポイント使って二枚6600円で購入。

(2)電源を考えてみると、メインのPCが420Wと言うのはちょっと心細い。8800系入れたらアップアップではないか!と言うことで、メインのPCにでかい電源を入れて、お下がりを使おう!と思いつく。
ただ、大容量な電源はまかり間違うとシステム全部焼き尽くすメギドの火となりかねないので1万以下のとても怪しい電源は却下。動けばいいとか怖すぎるw
で選んだのがSevenTeamの620PAFと言う620W電源。まぁSevenTeamなら問題ないでしょと・・・。本当は2万とか出してry
これが16000円。

(3)場所がないので、ケースは小型がいい。出来ればキューブ。更にMicroATX規格。変な規格はもうごめん。
で調べていくとSilverStoneってフライパンみたいな名称のケースメーカに行き着く。
マザーボード、それもCPUの10センチ上(法線上w)にATX電源を設置できると言うフルアルミだから許されるような省スペースタワーw
どうせ使うCPUはBE辺りだしと、思い切って購入。ああ、予算がオーバーだ・・と17000円w

(4)気が付いたらケースと電源で33000円も使っていることが判明。俺って馬鹿。
あきらめてCPUとマザーボード漁り。
ちょうどAMDのCPUの価格改定があったが、BEと言う45W版デュアルコアは新製品だけあって変わらない模様。
と、箱つぶれ新品のM2A-VM-HDMIと言う690Gチップセットのマザーボードを8800円で発見、購入。ついでにBE-2350と言う2.1G版を11000円で購入。二つあわせても2万以下無いのに、ケースと電源で・・・w

VGAは本当は8500辺りを入れたかったんですけど、このマザーボードはDVIとアナログを並列出力できまして、マザーボード単体でデュアルモニタ対応してます。UXGAとSXGAに出力問題なし。
一応ATiのX1250内蔵なんで、放置してます。
今度8800か、今度出るG90シリーズでしたっけ?あれでそこそこ高速のVGAをメインに入れるので、そのときにお下がりのGF7600GS-Zを入れることにしました。

さて使用感。比較用に今のメインPCのスペックも
CPU:Intel Core2Duo E6600(65W 2.4GHz)
M/B:Intel DG965 SSCK
MEM:Kingstone DDR2-667 2G
HDD:HGST 250G SATA2
POW:SevenTeam 620PAF
OPT:I-O Native SATA2 DVDx18r
Case:Windy AltiumXMB(倒産前のw)
VGA:GalaxyGF7600GS-Z

さて、こう見ると、CPUが300Mhz、とVGAがあるかないか程度に見えますが・・・・
HDDは流石に320Gが速いですが・・・
どうでしょう。
体感的にもベンチマークでもE6600がやっぱり早いですね。サブにしては十分すぎる能力ではありますが。
因みに、π104万桁では、BE2350が44秒、E6600が21秒とE6600圧倒です。
AutoGKというソフトで先ほど買ってきたDVDを30分に切り350MBのAVIに変換してみると、BE2350で36分41秒、E6600システムで26分59秒。
HDDがBE2350の方がちょっと速いので頑張っていますが、やはりクロック数以上の差が付いています。
もっともこの比較はE6600の得意分野ですんで・・・

普通の用途で使用する分には全然問題ありません。更に両方並べて使わなきゃ気付かないですw
両方並べて使う自分のような馬鹿も居ませんでしょうし速度面は気にせずとも。

今の価格で、E6600は30000円弱、マザーボードが16000円します。二つあわせれば46000円もCPUとマザーボードだけで掛かってしまうわけです。BE2350ならマザーボードとあわせても2万ですw
この差額26000円をどうとるかですねw
VGA予算15000円あるなら、26000円足して8800GTSも狙えるわけですし・・・。更に消費電力も20W以上低いわけでして・・・・主眼をどこに置くかで非常に見方の変わる面白いCPUだと思います。


一応パーツレビューも

M2A-VM-HDMIですが、HDMIは拡張基板で与えられます。しかもPCIEx16占有・・・・だから入れてませんw
ただしHDMIなしと比べると1394が付いていますので、1000円の違いであれば、HDMIを買うのが賢明かと。

620PAFですが、自動ファンコン内蔵です。手動でもファンコントロール可能です。とてもいいかなと思ったんですけど・・・・・
使ってみる限り、自動でファンが高速に動き始める大きな要因は電源負荷のようです。普段620Wも容量の在る電源に負荷を掛けるような作業なんてありません・・・・と言うことはすぐにあっちっちになりますw
結局手動であわせるのが吉のようですw
あと、LEDまぶしいw
posted by 秋水◆rSYUUSuiAQ at 13:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

せいばーさん

こんなん。
477972513_207.jpg
posted by 秋水◆rSYUUSuiAQ at 13:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | チラシの裏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。